9/6(日曜) Sound Screening Vol.3

"Sound Screening Vol.3"
phys6_1f_10.png


視覚と聴覚の拡張を探究するイベントの第3回目は、オーストラリアから実験映像作家のリチャード・トゥーイーを迎えて。デジタル全盛の今日において、自ら映画用フィルムの現像所を創設し、その膨大な知識と高度な技術を用いて超絶実験映像を作り、数多くの国際映画祭で活躍するリチャード。16mmフィルム映写機2台を用いて、複雑な円形の模様を展開するライブ作品"Dot Matrix"を始め、全ての作品が日本初上映となります。また、孤高のサウンドアーティスト・村井啓哲は、「ロウソクの火のゆらぎに反応し相互干渉する四つの発振器が発する音と電波をきく作品」="lucent"を披露します。そして、田巻真寛は、風を追って旅をし、抽象的な風の姿をとらえた"Passages"を上映します。

2015/9/6(日)
開場 18:30
開演 19:00
入場料¥1,500

会場 東京おかっぱちゃんハウス
東京都練馬区上石神井3−30−8
西武新宿線 ”上石神井駅”北口より徒歩5分
予約は、mare_films[at]yahoo.co.jp (田巻)まで。
http://infoboojil.wix.com/okappachan-house

///出演///
田巻真寛 / Shinkan Tamaki(映像)
村井啓哲 / Keitetsu Murai(サウンドパフォーマンス)
リチャード・トゥーイー / Richard Tuohy(実験映像)

///出演者プロフィール///
田巻真寛 / Shinkan Tamaki
主に映像を扱う作家。2006年から作品制作を始める。フィルム作品では、メディアの物質性に着目し、造形物として映像に応用する手法を用いたものがある。新しい知覚の気づきを求め、抽象と具象の境界や映像と音の狭間を行き交う映像を創作している。ロッテルダム国際映画祭、世界中の先鋭的な映像を紹介するカナダのメディアシティ・フィルムフェスティバルでの上映をはじめ、スペインで最もコアな実験映画祭S8に招待されるなど、海外での上映が続いている。また、近年は光学現象を映像に変換するパフォーマンスも行っている。
http://shinkantamaki.net/

村井啓哲 / Keitetsu Murai
サウンド・パフォーマー/アーティスト。
エレクトロニクスを利用したシステムの反制御的操作にもとづいたパフォーマンスを行う。
http://www.keitetsu.com

リチャード・トゥーイー / Richard Tuohy
1969年生まれ。オーストラリアで最もアクティブな実験映像作家。大学で哲学を専攻し、その後、自力で家を建て、音楽と植物学を独学で学ぶ。2005年から抽象的で実験的な映像制作に取り掛かる。8mmや16mmフィルム現像の専門家であり、Nanolabという映画用フィルムの現像所を運営する。その膨大な知識と高度な技術を用いて、作品の主題や被写体の特性を純化しフィルムに定着させる。また近年、フィルムを使う作家を支援・育成するための「アーティスト・フィルム・ワークショップ」(artistfilmworkshop.org)という団体を立ち上げた。オーストラリア国際実験映画祭の創設者の一人でもある。数多くの国際映画祭で上映、パフォーマンスを発表している。
http://www.nanolab.com.au/richard_tuohy.htm

///Artistic Statement by Richard Tuohy///
私の殆どの初期作品は、形式的な物語で小津安二郎へのオマージュであった。それはかなり昔の話で、今は抽象的で実験的な作品を作っている。しかしながら、恐らく今なお形式主義の影響は残っている。2005-2008年に制作された8ミリフィルム作品は、それまで自分でも予期できなかったほどのフィルムの大きな創造性を示すものであった。8ミリフィルムを作品に用いることは、カメラ内部の動きが直接的に即時的に新しい刺激と結果を生み出すのだ。この実りの多い時期は、様々な形で私の創作活動の礎を築いた。2009年以降、私は16mmの密着プリンター(※)を手に入れ、作品は少しずつ16mmプリンターと現像の技術的な可能性にフォーカスしていった。

2009年に私の作品を見たある人は、「カメラに関する映画だ」と評した。(今なら彼は「フィルム用機材に関する映画」というかもしれない。)私はそのことを的確だと思ったが、やや不当にも思った。確かに、私は多くの新旧のカメラテクニックを試してきた。コマ撮り、多重露光、マット合成、分割画面、特殊フィルター、カラーフィルター、光学的なディストーション、長時間露光、リフォトグラフィー、レンズマウントの変換、焦点移動、等々。これらの事を撮影現場で、つまり”カメラ内部”で行ってきた。しかし、私が模索するのは、”カメラ(または他の機材)でできること”と”主題”の関係性である。私は、主題とアナログフィルム技術の自然な結びつきを見出したい。つまり、例えばフィルムが被写体の特性を考察する際の拡大鏡となるように。

私の作品の多くは自然の造形や環境を被写体とする。これらの作品は良く「アースアニメーション」や「風景のダンス」と評される。私は自身の制作アプローチをある種の「シネ・キュビズム」-単調な描写を避け、作品に時間や図形的な要素を織り込むことで、対象の特徴を抽象化する-と表現するのを好む。また私は過剰な要素をそぎ落とす為に、形式的な構造を好んで用いる。私の作品ではしばしば自然のイメージを使うが、直感によるものというより、形式、構造、時間、パターンに基づいたものである。究極的には、それらは思考する為のものというよりも「見る」ということに関する作品なのだ。

※密着プリンター=ネガから上映用のポジを作成するための機械。ネガに未露光のポジフィルムを密着させ、光を当てて像を転写する。

///リチャード・トゥーイー上映作品について///
●"Dot Matrix / ドット・マトリクス" (2013) 16 minutes, dual projection
Richard Tuohy_Dot matrix

「ドット・マトリクス」は2台の16mm映写機による、2重合成映像作品である。この作品の点(丸い模様)はマンガの背景を描くのに使用されるスクリーントーンをフィルムに重ねて焼き付けた。また、その際、黒い画像を間欠的に挿入し映像にストロボのようなチラつきを作った。一つ一つの点から、それらの集合体が生まれ、2つの重ねられた集合体のイメージにより、フィルムのドラマが現れる。この作品の音は、点の模様が映写機の光学再生ヘッドによって読み取られた音である。

●"On the Invention of the Wheel / 車輪の発明" (2015) 13 minutes
Richard Tuohy_invention of wheel

機械時代の人間についての瞑想。機械にとらわれた人間について。人間が転がす車輪、車輪に転がされる人間について。

●"Ginza Strip / 銀座" (2014) 9 minutes
Richard Tuohy_ginza strip

寓話と記憶の銀座。初めてクロマフレックスと呼ばれる現像手法で完成させた作品である。クロマフレックスは非常に細かい手作業だが、カラーネガ・ポジ、モノクロの絵柄を1つの画面の中で表現することができる。


--
"Passages" by Shinkan Tamaki
Shinkan Tamaki_passages_still_S

--
Curated by Shinkan Tamaki
Supported by Experimental Film Screening Project in Japan [+]
http://plusscreening.org/
--


----------English-----------

6th September 2015, Sunday
"Sound Screening Vol.3"

"Sound Screening" explores expansion of visual and auditory sensation. This time we have Richard Tuohy's first screening and performance in Japan. Richard is Australian film maestro who makes abstract experimental film with his enormous knowledge and advanced technique. Moreover, a solitary sound artist, Keitetsu Murai will show a sound from mutual interference of 4 oscillators which react to candle flame. And Shinkan Tamaki will show "Passages" which captured shapes of winds.

open 18:30
start 19:00
admission¥1,500

Venue:TOKYO OKAPPA-CHAN HOUSE
3-30-8 Kamishakujii Nerima-ku Tokyo
Map https://goo.gl/maps/jBVEq
Seibu-Shinjuku line, 5 minute walk from North exit
http://infoboojil.wix.com/okappachan-house

///Act///
Shinkan Tamaki(Moving image)
Keitetsu Murai(Sound Performance)
Richard Tuohy(Experimental film)

///Biography///
Shinkan Tamaki
Born in 1982, Japan. Artist in search of never-before-seen images and new perceptual experience. He started making moving image with 16mm film in 2006. Main theme is to lead the audience's perception to change naturally and sometimes drastically bycoming and going across borders between image and non-image, sound and image with extracting film's materiality. The works have been screened at many film festivals, including International Film Festival Rotterdam, Media city film festival and S8 Mostra de Cinema Periferico. Recently, He performs to transform optical phenomenon into moving image.
http://shinkantamaki.net/

Keitetsu Murai
Sound performer / Artist.
Performance with electronics by non control operating system.
http://www.keitetsu.com

Richard Tuohy
Richard Tuohy is one of the most active experimental film artists currently working on celluloid in Australia. His film ‘Iron-Wood’ won first prize (ex aequo) at ‘Abstracta 2009’ experimental film festival in Rome. He runs Nanolab in Australia – the specialist small gauge film processing laboratory. He actively encourages other artists to work with cine film through his Artist Film Workshop initiative (see artistfilmworkshop.org). He is also a founding director of the Australian International Experimental Film Festival.

In the late 1980s and early 1990s Richard was an active member of the Melbourne Super 8 Film Group. During this time, he was interested in narrative film making and made three long works on super 8 and 16mm. He then detoured into academic life for 7 years studying philosophy, first at La Trobe (where he received the David Hume honours prize for philosophy in 1995), then with an APA scholarship to undertake a PhD at the Australian National University (with a period in Germany).

After philosophy, Richard moved to Daylesford, built a house, and studied music and botany (privately) for some years. In 2005 he returned to filmmaking, but this time in the experimental/abstract cinema direction. In 2006 he and his partner started 'nanolab' as an artist run film laboratory offering super 8 processing. In 2009 he began submitting his films in international film festivals. Richard also helps to convene the Artist Film Workshop - a screening and educational forum in Melbourne for encouraging the use of film in art practice. He has run numerous AFW workshops both at nanolab and at AFW in Melbourne.
http://www.nanolab.com.au/richard_tuohy.htm


///Artistic Statement by Richard Tuohy///
My early films were formalistic narratives, dedicated as I was then to making homages to Ozu. That's long ago. My work now is abstract and experimental, though perhaps the formalistic concern remains. My super 8 films from 2005 to 2008 represent an explosion of filmic creativity I had not really been expecting. Finishing films on super 8 can be a very direct and ‘in camera’ way of working, producing results and new stimuli very quickly. In many ways, this fruitful period has provided the foundation of my current art practice. Since 2009, when I acquired 16mm printing facilities, my work has shifted slightly to become more focussed on the possibilities of the 16mm contact printer and the laboratory.

Someone once described my recent (post ’05) films as 'films about cameras' (that was in ’09 - now they might say, ‘films about film equipment’). I found that astute, but a trifle unfair. Yes, I have dwelt in a lot of camera techniques - classic and novel: lots of pixilation (single frame), double and multiple exposures, matts and split frames, effect filters, colour filters, distorting optics, found optics, long exposure blurring, re-photography, telephoto shake, various camera mounts, focus shifts, etc., and often several at once. And I have often create such abstraction effects in the field and thus 'in-camera'. What I look for, however, is some kind of nexus between what my camera (or other equipment) can do and my subject. I strive to find some kind of natural link between the subject matter and the possibilities of the analogue film technology I use, such that the film works like a magnifier to point-out and dwell-in the properties of the particular objects of my fascination.

Mostly my films involve natural features or environments. These films have been described rather nicely as ‘earth animations’ and ‘landscape dances’. The connotations of both these descriptions appeal to me. I like to see my approach as a kind of cine-cubism: attending to and abstracting certain features from my subject through making temporal and graphic associations etc., without resorting to a prosaic depiction. I like to use formal structures to cut out (or rather, ‘abstract’ out) what I see as the 'fleshiness' of the particular. While often originating with images from nature, my films are at base about form, structure, time and pattern, rather than about content in any direct sense. Ultimately, they are more about ‘looking’ than ‘thinking’.

///Richard's screening program///
"Dot Matrix" (2013) 16 minutes, dual projection
Dot Matrix is dual 16mm film involving two almost completely overlapping
projected images. The ‘dots’ were produced by photogramming shets of
dotty paper (used for manga illustrations) directly onto raw 16mm film
stock. These dots were then contacted printed with ‘flicker’ (alternating
black frames) creating strobing 'interuptions' to the dots. The drama
of the film emerges in the overlap of the two projected images of dots.
The product they make is greater than the parts. The sounds heard are
those that the dots themselves produce as they pass the optical sound head
of the 16mm projector.

"On the Invention of the Wheel" (2015) 13 minutes
A meditation on man in the mechanical age. On man bonded with machine.
On the wheel upon which man turns and is turned.

"Ginza Strip (2014) 9 minutes"
The Ginza of fable and memory. This is the first film I have finished
using the 'chromaflex' technique that we developed. This is a very much
hands on colour developing procedure that allows selected areas of the
film to be colour positive, colour negative, or black and white.

Lynn Loo + Guy Sherwin LIVE performance in TOKYO

ご無沙汰しております。ご無沙汰しております。田巻です。私生活の変化もあり、作家としては潜伏している状態ですが、制作は続けていますし、そのうち地上出てくる日も近いかと思います。

今回は、+ (plus)の上映企画のお知らせ。これは見逃さないでください。

2015年9月1日(火)
Lynn Loo + Guy Sherwin LIVE performance in TOKYO.

チケット ¥2,300 (1ドリンク代込み)
18:30開場
19:00開演

@東京都 港区 音楽実験室 新世界
http://shinsekai9.jp/

1970年代からイギリスで、アナログのフィルムを使い映画を拡張し続けてきた真の実験映画作家と言えるガイ・シャ―ウィンがパートナーのリン・ルー(彼女もまた素晴らしい作家)と久々(6年ぶり?)に来日します。複数台の映写機を楽器のようにリアルタイムで操りながら、物質としてのフィルムをスクリーンに放ちます。また、彼らがセレクトした、最前線で活躍するヨーロッパ勢の作品上映プログラムもあります。

Guy Sherwin / OPTICAL SOUND FILMSについて

ENCUENTRO CON GUY SHERWIN: OPTICAL SOUND FILMS from Revista Lumière on Vimeo.

(S8) A Coruña


ガイ・シャーウィン / Guy Sherwin
1948年、イギリス出身。実験映画作家。ロンドン芸術大学で絵画を学ぶ。1970年代よりロンドン・フィルムメーカーズ・コーポラティヴに関わり、フィルムの現像技術についての指導を行う。実験映画のなかでも、エクスパンデッド・シネマ(拡張映画)と呼ばれる、通常のフィルム上映とは違った方法を用いることによって、映画上映のあり方を問い直したような作品を数多く手がけている。特にシャーウィンのエクスパンデッド・シネマは、複数の映写機を即興的に使用した作品が多く、パフォーマンス的な要素が強い。また、エクスパンデッド・シネマだけでなく、いわゆる「通常の上映」による映画も手がけているが、映写機のサウンドトラックの機構に着目した作品や、カメラと被写体の関係に着目した作品など、映画のあり方を問い直すという姿勢が一貫して存在している。ロンドン・フィルムメーカーズ・コーポラティヴの後継組織であるLUXからは、DVD作品集として『Optical Sound Films 1971-2007 』(2007)、『Messages』(2010)、『Short Film Series 1975 - 2014』(2014)がリリースされている。

リン・ルー / Lynn Loo
シンガポール出身。実験映画作家/フィルムアーキビスト。シカゴ美術館附属美術大学で実験映画を学び、その後、イギリスのイースト・アングリア大学でフィルム・アーカイビングについて学ぶ。1997年より映画制作を開始し、2004年にロンドン・フィルムメーカーズ・コーポラティヴにて1970年代のイギリス実験映画に触れて、複数の映写機を使用したエクスパンデッド・シネマの上映にも取り組むようになる。2005年以降は、シャーウィンと共同で、パフォーマンス的なエクスパンデッド・シネマを多数上映している。

ルーとシャーウィンの映画は、観客に対して「映画を成立させている条件とは何か」という問いを提起するものである。それは、映画がフィルムからデジタルへと置き換わりつつある移行期において、重要な示唆を私たちに与えるものとなるだろう。

上映作品(パフォーマンス):
Lynn Loo
・Washi #2. 2014, 10min
・Autumn Fog. 2012, 8min (short version)
・End Rolls. 2011, 12min

Guy Sherwin
・Cycles #3. 1972/2003, 9min
・Bay Bridge from Embarcadero. 2002, 10min
・Railings. 1977, 10min

その他、2人のセレクトによる、ヨーロッパ最新の作家作品集の上映もあります。

企画:Experimental Film Screening Project in Japan [+]

Media City Film Festivalのレビュー

passages_still_S.jpg

昨年のカナダのMedia City Film Festivalのレビューがスペインのコアな映画マガジンLUMIÈREに掲載されています。私の作品"Passages"についても書かれています。スペイン語とフランス語のみです。グーグル翻訳で雰囲気だけつかめました。恐らくとても良いことが書いてあります。この人は完璧に意図を読み取っているように思えます。

以下、グーグル翻訳(スペイン語⇒日本語)
--
新興の実験的な映画製作者の中では、日本のシーンは隆牧野と新館玉置として抽象化し、光の分野で特に興味深い映画製作者を、際立っている。後者はメディアシティで彼の映画を発表しパッセージ(2013)、エレガントなモダニストとミニマリストフィルム。この映画の製作のために立ち上げデバイスが美しく、精神的な結果で、簡単です。風に上昇し、カメラのレンズの前に配置された光の点滅と流れる白い布でHDで撮影し、白黒で、フレームが隠されている。景観が明らかとライトグレーの範囲で、海と空の間、地平線上の行に減少し、精製される。ファブリックはフレーム全体を覆っているとき、画像は、白黒白で映画スクリーン白い布の表面と呼ぶ。風が上昇すると、それは映画の画面が飛ぶかのようだが、錯覚は、すぐに風景投影された画像が表示されただけの瞬間を、続く。反射性は、映画の投影装置の基本的なパラメータの意識の中に白い画面や光で構成され、正常に現れている。映画制作者は、メタ映画のの重さの落とし穴を避けることができます。黒と白の光技術HDは、画像をいくつかのストロークで、優しくかつ効果的に本質を捉え、紙に近いスケッチ、鉛筆、灰色の紙の空中軽さを提供します。以下の原理は、よりは、ここで確認されている。
--

フランス語⇒http://www.elumiere.net/exc…/media_city_14/media_city_fr.php
スペイン語⇒http://www.elumiere.net/ex…/media_city_14/media_city_esp.php

Plus Documents 2009-2013

88dabe7e4b10cbc5b3492500e7cc9488.jpg

+の本が完成いたしました。DVD付です。このDVDだけでも十分価値があります。論考、インタビュー、コラムも書下ろしです。 私も自分の制作の方針について少し書いています。限定250部くらいなので、お早目に。

通販の場合は、Art into Life、アマゾンで。
http://www.art-into-life.com/product/5317
http://www.amazon.co.jp/Plus-Documents-2009-2013-%E7%89%A7%E9%87%8E-%E8%B2%B4/dp/4990595440

東京ですとジュンク堂各店、青山ブックセンター、紀伊國屋新宿店、リブロ池袋、丸善丸の内本店などの店頭にも置いてあるようです。名古屋の方々は、丸善栄店、ちくさ正文館にあるかと思います。

取り扱いを希望される書店は、ツバメ出版流通さんまで。
http://tsubamebook.com/
書店用注文書
http://tsubamebook.com/images/d990595449.pdf

書名:Plus Documents 2009-2013
価格:2500円+税
ISBN 978-4-9905954-4-9 C0074
版型・ページ数:B5、44p、DVD付属
装丁:表紙/クラフト紙に透明インク、本文/クラフト紙に孔版印刷
編集:Plus Publishing
発行:engine books
発行日:2014年12月25日

目次:
・インタビュー:映画上映と場所 +設立の経緯について 牧野貴
・テクスト:実験映画への疑義、その歴史的前提 阪本裕文
・インタビュー:サイケデリック・エスノグラフィー ベン・ラッセル
・テクスト:Ghost of Cinema 牧野貴
・テクスト:曖昧な条件 田巻真寛
・テクスト:映画の退屈な完成への反対 映画 EMBLEM に関して 葉山嶺
・トークセッション:映画にとって音/音楽とは何か ジム・オルーク+牧野貴
・記録:+上映会アーカイブ
・解説:Plus Documents 2009-2013 Selected Works

内容紹介:
このドキュメント集は、実験映画作家である牧野貴が主宰している上映組織 [+](プラス)の、2009年から2013年までの実験映画上映に関わる資料(インタビュー、対談、テクスト、上映記録、映画作品)を束ねたものである。付属するDVDに収録される作品は、以下の通り。収録作品のひとつ「光の絵巻」は、2015年に横浜美術館で展覧会が企画されている映像作家・美術家石田尚志と牧野のコラボレーション作品であり、映画ファン・現代美術ファンの両方にアピールする実験的な抽象映画となっている。
・牧野貴+石田尚志 – 光の絵巻 (35mm / 16mm to HD video, Sound, 17min, 2011)
・田巻真寛 – Africa I (16mm, Silent, 11min, 2010)
・葉山嶺 – Emblem (16mm to HD video, Sound, 16min, 2012)
・ベン・ラッセル – Black and White Trypps Number Three (35mm, Sound, 11min30sec, 2007) - See more at: http://plusscreening.org/?p=629#sthash.mW1NKbq9.dpuf

インド・ネパール

昨年は新しい生活が始まり(完全な私事です)、かなりバタバタしましたが(今もですが)、年末は恒例の超弾丸一人旅でインドとネパールへ行きました。アジア編の最終目的地チベットもすぐの目の前なのですが、ここで一人旅はしばらくお預けかもしれません。

re_1580927.jpg

ネパール、ポカラ、サランコットから。朝日がアンナプルナとマチャプチャレの頂を照らす。

excerpt video from live at Ftarri

22 Sep, 2014
excerpt video from live at Ftarri (Suidobashi, Tokyo)

Shinkan Tamaki and Madoka Kouno live at Ftarri in 2014 from Shinkan Tamaki on Vimeo.

Berliner Liste

tumblr_nc08l1Racw1qz5msvo1_1280.jpg

ベルリンのBerliner Listeというアートフェアにて、Directors Lounge(ベルリンの上映組織)のブースで僕の映像が展示されてます。作者不在でも勝手に巡回してくれるのはありがたいです。特殊なインスタレーション作品ではないので、映写の問題もないと思われます。


Silent Gold | DL at Berliner Liste
http://berliner-liste.org/wordpress/welcome?lang=en

Meet us at the Berliner Liste, the fair for contemporary art, during the Berlin Art Week, September 18 to 21, 2014. We´ll screen a selection of silent single-channel installations from DL X, the 10th Berlin International Directors Lounge.
Artists include Maria Björklund, Erdal Inci, Hara Katsiki, Hye Young Kim, Alan Smithee, Shinkan Tamaki and Andre Werner. Photography by Julia Murakami is on display at the booth of our good friend Calla Mar.

The BERLINER LISTE will be held September 18 to 21, 2014.
Opening: Wednesday, September 17 from 6 pm, Postbahnhof and Fritz Club
Fair location: Postbahnhof, Straße der Pariser Kommune 8, 10243 Berlin
Entry: Day ticket 13 €, Concessions 9 €, both including brochure


playlist:
Alan Smithee | Julia Murakami Lost Masterpieces #1 (red) 2010
Alan Smithee are you afraid of…, 2012
Erdal Inci TR Pictogram 1,4s 2013
Hye Young Kim KR Unfulfilled Desire II blindness 21:00 2013
Erdal Inci TR Camondo Stairs 0,4s 2013
Hara Katsiki Starseed 2012
Erdal Inci TR Flood of Light 1,4s 2013
Andre Werner DE Yeosu Mandala | community 2014
Erdal Inci TR Hieropolis Amphitheatre 1,4s 2013
Andre Werner DE Yeosu Mandala | necessity 2014
Erdal Inci TR Taksim Spiral 0,8s 2013
Andre Werner DE Yeosu Mandala | territory 2014
Shinkan Tamaki JP Passages 2013
Maria Björklund FI TKihi-Kuhi2011
Directors Lounge booth G1.34 first floor
Calla Mar booth A 0.43 ground floor
The BERLINER LISTE will be held September 18 to 21, 2014.
Opening: Wednesday, September 17 from 6 pm, Postbahnhof and Fritz Club
Fair location: Postbahnhof, Straße der Pariser Kommune 8, 10243 Berlin
Entry: Day ticket 13 €, Concessions 9 €, both including brochure
pictured: Alan Smithee | Julia Murakami Lost Masterpieces #1 (red) 2010

http://directorslounge.tumblr.com/post/97661666657/silent-gold-dl-at-berliner-liste-meet-us-at-the

9/23 swim

tumblr_nayr83yQhd1qa7hupo1_1280.png


swim
2014/09/23/tue
18:00op/19:00st/fee:2000jpy+1d

at/
pool (sakuradai tokyo) http://mdel.co.jp/pool/
東京都練馬区桜台1-7-7 シルバービル地下2階
西武池袋線『桜台』駅(北口)徒歩2分

act/
Kazushige Kinoshita + Manabu Suzuki + Takuya sakamoto
Takahiro Kawaguchi + Makoto Oshiro
Shinkan Tamaki + biki
Mitsuru Tokisato

木下和重 Kazushige Kinoshita
音楽家、ヴァイオリン、パフォーマンス。レーベル『tenseless music』主宰など。
ヴァイオリンそれ自体から発せられる現象としての音に着目し、圧力や摩擦という身体行為との対話によって生まれる音を時間上へ布置させる即興演奏を特徴とする。
http://kinok.seesaa.net/

鈴木學 Manabu Suzuki
音楽、アート、ダンスのためのハンドメイドエレクトロニクス
ハンドメイドエレクトロニクスを使用した即興演奏
ダンサーのための無線装置
ハンドメイドエレクトロニクスを使用したサウンドアート
the hand-made electronic device for music,art and dance
free improvisation on the hand-made electronic device
the wireless device for dancer
sound art by the hand-made electronic device
http://www.geocities.jp/ijnsz/

坂本拓也 Takuya sakamoto
プロジェクターの光を使ったパフォーマンス及び作品制作、様々なオブジェを使った“謎の作業”、“謎のゲーム”等のパフォーマンスを行う。また自身のユニット“information”、中野静佳とのGöbekli Tepe、木下和重のユニットGENESisに参加。
http://d.hatena.ne.jp/loopline/

川口 貴大 Takahiro Kawaguchi
主に音のなるオブジェクトやさまざまな光や風、身の回りにあるモノを自在に組み合わせることで、空間全体をコンポーズしてゆくようなライブパフォーマンスやインスタレーションの展示、音源作品の発表を行う。ソロの他に大城真、矢代聡との謎トリオ“夏の大△”、自身の作曲作品を演奏するバンド“Hello”(休止)村山政二朗、宇波拓、ユタカワサキとの“off-cells”(休止)、アキビン吹奏楽団“アキビンオオケストラ”、スライドホイッスルアンサンブル“Active Recovering Music”、“ユタカワサキバンド改めucnvバンド”(休止)のメンバーでもある。今年は今のところ、パフォーマンスアートのフェスティバルFestival Bo:m(韓国)や音楽フェスティバルMultiple Tap(ロンドン)でパフォーマンスをやったりしました。
Born in Osaka, 1980. In 2000, Kawaguchi started thinking about field recordings. His interest lies not in the kind of feld recordings that focus on sound tones obtained in the field, but on the configuration of sound in a specific space. He creates recorded works using sound-making objects, presents installations, and is active in the field of improvised music.
http://takahirokawaguchi.tumblr.com/

大城真 Makoto Oshiro
1978年、沖縄県生まれ。電子機器やジャンク、身近な素材を組み合わせて制作した、演奏・作曲のための楽器や道具を使ったライヴ・パフォーマンス、またそれと平行して、音・光・動きによるインスタレーション作品の制作などをおこなっている。
Born in Okinawa, 1978.
Makoto Oshiro graduated from the Musicology Department, Osaka University of Arts. For live performances, he uses instruments and implements for playing and composing, which he makes by combining electronic devices, junk, and everyday materials. He also creates installation works using sound, light, and movement.
http://www.makotooshiro.com/

田巻真寛 Shinkan Tamaki
映像作家(仮)。2006年からフィルムによる映像制作を始める。フィルムの物質性を引き出しながら、イメージと非イメージの境界や映像と音の狭間を行き交い、知覚の変化を促すことを主題としている。ロッテルダム国際映画祭を始め、海外での上映が続いている。また、近年は光学現象を映像に変換するパフォーマンスも行っている。
Experimental filmmaker and pilgrim in search of never-before-seen images and new perceptual experience. Main theme is to lead the audience's perception to change naturally and sometimes drastically by coming and going across borders between abstract and concrete images, sound and image with extracting film's materiality. The works have been screened at internationl film festivals, including International Film Festival Rotterdam. Recently, He performs to transform optical phenomenon into moving image.
http://shinkantamaki.net/

biki
1981年生まれ。 2000年頃から、ハードウェアのシーケンサーでループファイルを作っている。作ったファイルを使った演奏もしている。 また、2008年頃から、身の回りの物や自作の装置を使ったライブをしている。 練馬区桜台の地下室《pool》の運営にも関わっている。
http://biki.tumblr.com/

時里 充 TOKISATO MITSURU
1990年兵庫県生まれ.2010年岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー,2012年多摩美術大学卒業.カメラや画面に関する実験と観察を行ない,それを元に作品を制作している.主な展覧会に,「照準と流出」(2012 土居下太意との二人展),「Extended Senses 3rd」(ソウル,2012),「いま、映像でしゃべること?」(2013)など。
Born 1990 in Hyogo. Graduated from the International Academy of Media Arts and Sciences in 2010, and from Tama Art University in 2012. His works based on observations and experiments with cameras and screens have been featured at exhibitions including "Alignment & Outflow" (together with DOISHITA Tai, 2012), "Extended Senses 3rd" (Seoul, 2012), and "Orality in the Moving Image" (2013) among others.
http://tokisato.info/

9/22 Taichi Furudate+sofheso, abt+Tomoe Takizawa, Shinkan Tamaki+Madoka Kouno

10610850_10152317426548441_1530953960386272100_n.jpg


札幌から3名のアーティストをお迎えします。古立太一とアプトは、大阪のカセットレーベルbirdFriendからのリリースが話題のフィードバックデュオ湿った犬のメンバー。今回は、札幌の実力派インストバンドqodibopのiiokaによるソロ名義sofhesoと、同じ札幌出身のシンガーソングライターで、今年4月に「なりすコンパクト・ディスク」よりソロアルバムをリリースした滝沢朋恵とのそれぞれのデュオで出演します。また、田巻真寛は、主に海外のフィルムフェスティバルで活躍する映像作家(仮)。昨年FtarriのソロレーベルHitorriから作品をリリースした、テープレコーダー・フィードバックの河野円とのデュオで出演します。(企画:河野円)

2014年9月22日(月)
@水道橋Ftarri
113-0033 文京区本郷1-4-11 岡野ビル地下一階(金刀比羅神社の向かいのビルです)
電話番号:03-6240-0884(午後4~8時。休業日やライヴ時間中はつながりません。ご了承願います)
JR水道橋駅徒歩5分、都営三田線水道橋駅徒歩3分、丸の内線 / 南北線後楽園駅・本郷三丁目駅徒歩8分
予約・問い合わせ:info@ftarri.com(予約の場合には、氏名、人数、電話番号をお知らせください)

http://www.ftarri.com/suidobashi/index.html

※飲食物の持ち込みは自由です。

19:30 open / 20:00 start
1500円
出演:
古立太一(from 札幌)+sofheso(from 札幌)
アプト(from 札幌)+滝沢朋恵
田巻真寛(映像)+河野円


Monday, Sep 22th 2014
@Ftarri (Suidobashi)
19:30 open / 20:00 start
1500JPY
act:
Taichi Futudate (from Sapporo) + sofheso (from Sapporo)
abt (from Sapporo) + Tomoe Takizawa
Shinkan Tamaki (Visual performance) + Madoka Kouno
http://www.ftarri.com/suidobashi/index.html

sofheso
1998年、札幌にて結成したインストバンド、qodibopのiiokaによるソロ名義。2007年から立ち上げた自主レーベルyuritonaより持続的に作品をリリース中。Every Monday SoundCloud Update.
http://soundcloud.com/iioka
http://iiokatohru.com/

古立太一 Taichi Furudate
コンパクトミキサーのフィードバック音、多数の小型スピーカー、自作電子機器、コンピュータなどを演奏する。シリーズ企画「音楽祭」「ONGAKUSAI」を主催。アプトとのミキサーフィードバックデュオ「湿った犬」、神谷泰史、神田聡とのバンド「dtn」などにも参加。
Taichi Furudate: plays feedback sound by small mixing board, a lot of tiny speakers, handmade electronics, and laptop computer. organizes concert series “ONGAKUSAI” (means music festival in japanese). member of mixer feedback duo “shimettainu” with abt, “dtn” with Taishi Kamiya and Satoshi Kanda.
http://skipform.info/wp/

アプト abt
物理現象のお手伝いをさせて戴いております。空気中に漂う音を、その物体の持つ特有の音を、自作電子楽器等を使って捕まえております。
http://hachikeru.tumblr.com/

滝沢朋恵 Tomoe Takizawa
出身北海道。今年2014年4月、アナログリリース専門レーベル「なりすレコード」の姉妹レーベルとして発足したCDを発売する「なりすコンパクト・ディスク」より、ファーストアルバム「私、粉になってリリース。都内ライブハウス等で活動中。
http://takizawatomoe.jugem.jp/

田巻真寛 Shinkan Tamaki
映像作家(仮)。2006年からフィルムによる映像制作を始める。フィルムの物質性を引き出しながら、イメージと非イメージの境界や映像と音の狭間を行き交い、知覚の変化を促すことを主題としている。ロッテルダム国際映画祭を始め、海外での上映が続いている。また、近年は光学現象を映像に変換するパフォーマンスも行っている。
Experimental filmmaker and pilgrim in search of never-before-seen images and new perceptual experience. Main theme is to lead the audience's perception to change naturally and sometimes drastically by coming and going across borders between abstract and concrete images, sound and image with extracting film's materiality. The works have been screened at internationl film festivals, including International Film Festival Rotterdam. Recently, He performs to transform optical phenomenon into moving image.
http://shinkantamaki.net/

河野円 Madoka Kouno
神奈川県生まれ。大学在学中に認識や知覚に興味を持ち、2003年美学校サウンド/アート表現講座の受講を機に、それらにより焦点を当てるような演奏に取り組むようになる。現在は主に、テープレコーダーやメトロノーム、金属板等を使用した干渉や間隔、変化を捉えた演奏を行う。
Born in Kanagawa. She first became interested in epistemology and perception while studying at university. In 2003, she completed a course on "Sound / Art Expression" at Bigakko, after which she began performance focused on perception and cognition. Currently she performs using empty tape-recorders, metronomes, metal plates, etc to catch variations in interference and distance/space.
http://www.i-ma-wav.com/

2014年9月23日

あと9/23にもライブ出演のオファー頂いております。快諾しました。これもデュオで、初めて一緒にやらせていただきます。絶対面白くなります。

ULTRA spectrum_live in KL_01
Profile

Author:Shinkan Tamaki
filmmaker in Japan

Link
このブログをリンクに追加する
Latest article
Category
All articles

全ての記事を表示する

Keywords
RSS Link