9/23 swim

tumblr_nayr83yQhd1qa7hupo1_1280.png


swim
2014/09/23/tue
18:00op/19:00st/fee:2000jpy+1d

at/
pool (sakuradai tokyo) http://mdel.co.jp/pool/
東京都練馬区桜台1-7-7 シルバービル地下2階
西武池袋線『桜台』駅(北口)徒歩2分

act/
Kazushige Kinoshita + Manabu Suzuki + Takuya sakamoto
Takahiro Kawaguchi + Makoto Oshiro
Shinkan Tamaki + biki
Mitsuru Tokisato

木下和重 Kazushige Kinoshita
音楽家、ヴァイオリン、パフォーマンス。レーベル『tenseless music』主宰など。
ヴァイオリンそれ自体から発せられる現象としての音に着目し、圧力や摩擦という身体行為との対話によって生まれる音を時間上へ布置させる即興演奏を特徴とする。
http://kinok.seesaa.net/

鈴木學 Manabu Suzuki
音楽、アート、ダンスのためのハンドメイドエレクトロニクス
ハンドメイドエレクトロニクスを使用した即興演奏
ダンサーのための無線装置
ハンドメイドエレクトロニクスを使用したサウンドアート
the hand-made electronic device for music,art and dance
free improvisation on the hand-made electronic device
the wireless device for dancer
sound art by the hand-made electronic device
http://www.geocities.jp/ijnsz/

坂本拓也 Takuya sakamoto
プロジェクターの光を使ったパフォーマンス及び作品制作、様々なオブジェを使った“謎の作業”、“謎のゲーム”等のパフォーマンスを行う。また自身のユニット“information”、中野静佳とのGöbekli Tepe、木下和重のユニットGENESisに参加。
http://d.hatena.ne.jp/loopline/

川口 貴大 Takahiro Kawaguchi
主に音のなるオブジェクトやさまざまな光や風、身の回りにあるモノを自在に組み合わせることで、空間全体をコンポーズしてゆくようなライブパフォーマンスやインスタレーションの展示、音源作品の発表を行う。ソロの他に大城真、矢代聡との謎トリオ“夏の大△”、自身の作曲作品を演奏するバンド“Hello”(休止)村山政二朗、宇波拓、ユタカワサキとの“off-cells”(休止)、アキビン吹奏楽団“アキビンオオケストラ”、スライドホイッスルアンサンブル“Active Recovering Music”、“ユタカワサキバンド改めucnvバンド”(休止)のメンバーでもある。今年は今のところ、パフォーマンスアートのフェスティバルFestival Bo:m(韓国)や音楽フェスティバルMultiple Tap(ロンドン)でパフォーマンスをやったりしました。
Born in Osaka, 1980. In 2000, Kawaguchi started thinking about field recordings. His interest lies not in the kind of feld recordings that focus on sound tones obtained in the field, but on the configuration of sound in a specific space. He creates recorded works using sound-making objects, presents installations, and is active in the field of improvised music.
http://takahirokawaguchi.tumblr.com/

大城真 Makoto Oshiro
1978年、沖縄県生まれ。電子機器やジャンク、身近な素材を組み合わせて制作した、演奏・作曲のための楽器や道具を使ったライヴ・パフォーマンス、またそれと平行して、音・光・動きによるインスタレーション作品の制作などをおこなっている。
Born in Okinawa, 1978.
Makoto Oshiro graduated from the Musicology Department, Osaka University of Arts. For live performances, he uses instruments and implements for playing and composing, which he makes by combining electronic devices, junk, and everyday materials. He also creates installation works using sound, light, and movement.
http://www.makotooshiro.com/

田巻真寛 Shinkan Tamaki
映像作家(仮)。2006年からフィルムによる映像制作を始める。フィルムの物質性を引き出しながら、イメージと非イメージの境界や映像と音の狭間を行き交い、知覚の変化を促すことを主題としている。ロッテルダム国際映画祭を始め、海外での上映が続いている。また、近年は光学現象を映像に変換するパフォーマンスも行っている。
Experimental filmmaker and pilgrim in search of never-before-seen images and new perceptual experience. Main theme is to lead the audience's perception to change naturally and sometimes drastically by coming and going across borders between abstract and concrete images, sound and image with extracting film's materiality. The works have been screened at internationl film festivals, including International Film Festival Rotterdam. Recently, He performs to transform optical phenomenon into moving image.
http://shinkantamaki.net/

biki
http://biki.tumblr.com/

時里 充 TOKISATO MITSURU
1990年兵庫県生まれ.2010年岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー,2012年多摩美術大学卒業.カメラや画面に関する実験と観察を行ない,それを元に作品を制作している.主な展覧会に,「照準と流出」(2012 土居下太意との二人展),「Extended Senses 3rd」(ソウル,2012),「いま、映像でしゃべること?」(2013)など。
Born 1990 in Hyogo. Graduated from the International Academy of Media Arts and Sciences in 2010, and from Tama Art University in 2012. His works based on observations and experiments with cameras and screens have been featured at exhibitions including "Alignment & Outflow" (together with DOISHITA Tai, 2012), "Extended Senses 3rd" (Seoul, 2012), and "Orality in the Moving Image" (2013) among others.
http://tokisato.info/

9/22 Taichi Furudate+sofheso, abt+Tomoe Takizawa, Shinkan Tamaki+Madoka Kouno

10610850_10152317426548441_1530953960386272100_n.jpg


札幌から3名のアーティストをお迎えします。古立太一とアプトは、大阪のカセットレーベルbirdFriendからのリリースが話題のフィードバックデュオ湿った犬のメンバー。今回は、札幌の実力派インストバンドqodibopのiiokaによるソロ名義sofhesoと、同じ札幌出身のシンガーソングライターで、今年4月に「なりすコンパクト・ディスク」よりソロアルバムをリリースした滝沢朋恵とのそれぞれのデュオで出演します。また、田巻真寛は、主に海外のフィルムフェスティバルで活躍する映像作家(仮)。昨年FtarriのソロレーベルHitorriから作品をリリースした、テープレコーダー・フィードバックの河野円とのデュオで出演します。(企画:河野円)

2014年9月22日(月)
@水道橋Ftarri
113-0033 文京区本郷1-4-11 岡野ビル地下一階(金刀比羅神社の向かいのビルです)
電話番号:03-6240-0884(午後4~8時。休業日やライヴ時間中はつながりません。ご了承願います)
JR水道橋駅徒歩5分、都営三田線水道橋駅徒歩3分、丸の内線 / 南北線後楽園駅・本郷三丁目駅徒歩8分
予約・問い合わせ:info@ftarri.com(予約の場合には、氏名、人数、電話番号をお知らせください)

http://www.ftarri.com/suidobashi/index.html

※飲食物の持ち込みは自由です。

19:30 open / 20:00 start
1500円
出演:
古立太一(from 札幌)+sofheso(from 札幌)
アプト(from 札幌)+滝沢朋恵
田巻真寛(映像)+河野円


Monday, Sep 22th 2014
@Ftarri (Suidobashi)
19:30 open / 20:00 start
1500JPY
act:
Taichi Futudate (from Sapporo) + sofheso (from Sapporo)
abt (from Sapporo) + Tomoe Takizawa
Shinkan Tamaki (Visual performance) + Madoka Kouno
http://www.ftarri.com/suidobashi/index.html

sofheso
1998年、札幌にて結成したインストバンド、qodibopのiiokaによるソロ名義。2007年から立ち上げた自主レーベルyuritonaより持続的に作品をリリース中。Every Monday SoundCloud Update.
http://soundcloud.com/iioka
http://iiokatohru.com/

古立太一 Taichi Furudate
コンパクトミキサーのフィードバック音、多数の小型スピーカー、自作電子機器、コンピュータなどを演奏する。シリーズ企画「音楽祭」「ONGAKUSAI」を主催。アプトとのミキサーフィードバックデュオ「湿った犬」、神谷泰史、神田聡とのバンド「dtn」などにも参加。
Taichi Furudate: plays feedback sound by small mixing board, a lot of tiny speakers, handmade electronics, and laptop computer. organizes concert series “ONGAKUSAI” (means music festival in japanese). member of mixer feedback duo “shimettainu” with abt, “dtn” with Taishi Kamiya and Satoshi Kanda.
http://skipform.info/wp/

アプト abt
物理現象のお手伝いをさせて戴いております。空気中に漂う音を、その物体の持つ特有の音を、自作電子楽器等を使って捕まえております。
http://hachikeru.tumblr.com/

滝沢朋恵 Tomoe Takizawa
出身北海道。今年2014年4月、アナログリリース専門レーベル「なりすレコード」の姉妹レーベルとして発足したCDを発売する「なりすコンパクト・ディスク」より、ファーストアルバム「私、粉になってリリース。都内ライブハウス等で活動中。
http://takizawatomoe.jugem.jp/

田巻真寛 Shinkan Tamaki
映像作家(仮)。2006年からフィルムによる映像制作を始める。フィルムの物質性を引き出しながら、イメージと非イメージの境界や映像と音の狭間を行き交い、知覚の変化を促すことを主題としている。ロッテルダム国際映画祭を始め、海外での上映が続いている。また、近年は光学現象を映像に変換するパフォーマンスも行っている。
Experimental filmmaker and pilgrim in search of never-before-seen images and new perceptual experience. Main theme is to lead the audience's perception to change naturally and sometimes drastically by coming and going across borders between abstract and concrete images, sound and image with extracting film's materiality. The works have been screened at internationl film festivals, including International Film Festival Rotterdam. Recently, He performs to transform optical phenomenon into moving image.
http://shinkantamaki.net/

河野円 Madoka Kouno
神奈川県生まれ。大学在学中に認識や知覚に興味を持ち、2003年美学校サウンド/アート表現講座の受講を機に、それらにより焦点を当てるような演奏に取り組むようになる。現在は主に、テープレコーダーやメトロノーム、金属板等を使用した干渉や間隔、変化を捉えた演奏を行う。
Born in Kanagawa. She first became interested in epistemology and perception while studying at university. In 2003, she completed a course on "Sound / Art Expression" at Bigakko, after which she began performance focused on perception and cognition. Currently she performs using empty tape-recorders, metronomes, metal plates, etc to catch variations in interference and distance/space.
http://www.i-ma-wav.com/

2014年9月23日

あと9/23にもライブ出演のオファー頂いております。快諾しました。これもデュオで、初めて一緒にやらせていただきます。絶対面白くなります。

ULTRA spectrum_live in KL_01

2014年9月22日

速報です。日にち空けといて下さい。河野さんの企画で、札幌から3名の音楽家を迎えて。僕は光学現象と映像を配置して、河野さんの音に干渉してみようかと思ってます。日本では初めて見せるパフォーマンスです。最近海外でやったULTRA spectrumをアレンジして、さらに別の要素を加えます。

2014年9月22日(月)@水道橋Ftarri
19:30 open / 20:00 start
1500円
出演:
古立太一+sofheso
アプト
田巻真寛+河野円

MEDIA CITY FILM FESTIVAL 20TH Edition

カナダのMEDIA CITY FILM FESTIVALでPassages(2013)の上映があります。毎年、強烈なプログラムを組む映画祭で、世界的に注目されています。
 
MEDIA CITY FILM FESTIVAL 20TH Edition
International Program 6
Presented in partnership with Liaison of Independent Filmmakers of Toronto and Early Monthly Segments
Saturday, July 12, 2014 | 6:00 PM
Capitol Theatre | 121 University Ave West, Windsor

http://mediacityfilmfestival.com/mcff20/
http://mediacityfilmfestival.com/mcff20/international-program-6-2/

去年のオープニングはMichael Snowのバンドでしたが、今年は何と、実験音楽の巨匠Alvin LucierとCharles Curtis、映写機フリッカー野郎Bruce McClureのライブです。

20th-headshots.jpg

ULTRA spectrum live at (S8) Mostra de Cinema Periférico

オフィシャルのカメラマンが他のとこ行ってて誰も撮影していないと思ったら、携帯で撮った人がいました。

(S8) Mostra de Cinema Periférico

Cartel-S82014-PNG-para-web.png


スペイン北西部ガリシア地方、ア・コルーニャという港町で開催される国際映画祭"(S8) Mostra de Cinema Periférico"で、上映、展示、パフォーマンスをしてきます。昨年は日本スペイン交流400周年にあたり、本年も引き続き文化交流が盛んに両国で行われているようです。そんなわけで、日本人のプログラムも沢山ありますが、カナダのMedia City Film Festival(http://mediacityfilmfestival.com/)が組んだプログラムや、カナダ在住で世界的に活躍するDaïchi SAÏTOのプログラムなど充実した映画祭となりそうです。

Screening, installation and performance at amazing festival (S8) in Spain!!

(S8) Mostra de Cinema Periférico
04.06-08.06
http://www.s8cinema.com/

mariscalbarco8000.gif

Contemporary Art Ruhr

毎年ベルリン国際映画祭と同時に同じ会場で開催される、Directors Loungeが、ドイツのエッセンで開かれるContemporary Art Ruhr (Media Art Fair)にブースを出すそうで、そこで私のPassagesが展示上映されることになりました。Directors Loungeは実験的・前衛的な映像を世界中からセレクトして上映する組織です。たぶん。

Directors Lounge In Gear For C.A.R.

From Berlin straight out to the Ruhr, home to Germany’s concentrated multi-millions and “contemporary art ruhr,” a concentrated display of all that is here and now (and beyond) in the world of media art. C.A.R. spreads its considerable wings regularly, reaching a global tally of urban art-zones, but invites to its home turf in this bi-annual gathering of innovative thinkers. Directors Lounge has become a regular-as-clockwork contributor to the more daring summer fair, exporting its international imports and making the trip in person to see visitors through its specially curated mélange of onscreen marvels. The flicks selected join of a temporary world of razor-sharp installations, performance, photography and more, fodder for the wide-awake mind. With contributions from DL partner Cross Art (Zurich-Berlin) and more, a feast of film awaits at World Heritage Site Zollverein in Essen. Directors Lounge cordially invites you to electrify your senses.
Directors Lounge at the Car Video Lounge (Auditorium) with works by Engin Kilicatan, Tokomburu / Ion Papaspyrou and Zisis Kokkinidis, Zaoli Zhong, Hussen Ibraheem, Benedikt Kruger, Sebastian Lörscher, Xaver Xylophon, Aitor Marín Correcher, Jonathan Seyer, Jonathan Rescigno, AUJIK, Francesca Fini, Naren Wilks, Alberto Diaz Lopez, Hee-Seong Han, Hara Katsiki, APOTROPIA , Dimitris Argyriou, Studio Twins / Caroline Fayette & Chloé Guerbois, Elvira Bukowski, Gerard Freixes Ribera, Karl F. Stewart, Eleonora Manca, Michael Betancourt, Ingeborg Fülepp and Heiko Daxl, Mateo Grubisic, Haruka Mitani and Michael Lyons, Dunja Donassy and Bernd Wendt

Artists presented at the DL Booth:
Videos by Peter Freund, Erdal Inci, Hye Young Kim, Alan Smithee, Shinkan Tamaki
Photography / Paintings by Stefanie Anastase and Claudia Köhn, Jackie Baier, Julia Murakami, Karin Schranz, André Werner
Special lecture Sun 3pm: Digital storytelling , an introduction of RFID books that trigger interaction through the flipping of pages. Books by Sandra Becker and Bego Santiago presented by Dr. Regina Francken, FKI Berlin


Directors Lounge at the contemporary art ruhr (C.A.R.) - the media art fair,
May 30 - June 1, 2014, Zollverein World Heritage Site
SANAA-building, Areal A, Hall A35,
Gelsenkirchener Strasse 209,
45309 Essen, Germany
Official Opening
Friday, May 30, 8 pm
Public Fair Days
Saturday, May 31, 11 am – 7 pm
Sunday, June 1, 11 am – 7 pm
More:
www.directorslounge.tumblr.com
www.contemporaryartruhr.de

屋台の件

色々行き詰ることが多いので、気晴らしにtwitterで「屋台メシbot」なるアカウントを作りました。
旅で出会ったご飯の話です。お腹すいた時にどうぞ。
https://twitter.com/yataimeshibot

ふざけてる訳ではないです(笑) 旅から広がることは沢山あるんです。もし僕がアジアを旅していなかったら、クアラルンプールに上映しに行ってなかったでしょう。

新作の構想は出来てますが、まだ着手できない状況です。6月にスペインで上映がありますので、帰ってきたらがんばります。今年中に東京で公開できると思います。

FLEX: the Florida Experimental Film/Video Festival 2014

アメリカのフロリダで2/21から開催される実験映画祭で、「12月の記憶」(2007)と「AfricaⅠ」(2010)が上映されます。
http://www.flexfest.org/festival2014.html

ここのディレクターであるRoger Beebeとは以前からメールのやり取りをしていて、[+]でなにかできないかとのオファーを受け、葉山嶺、牧野貴の3人のプログラムを送ることになりました。現場には葉山嶺が赴きます。彼自身も作家で、映写機を5台使ってマルチプロジェクションライブをやったりするキチGuyです。(いい意味で。)

ところで、昨年来日し、上映を企画したSteve Cossmanとはロジャーを通じて出会ったのでした。スティーブ知り合う前に、ロジャーから、「タイで旅行中の友達の8mmカメラが壊れてしまったんだ。彼はこの後日本に行くので、もしカメラを持っていたら貸してあげてくれないか?」という内容のメールが来ました。まあ同じ映像作家で東南アジアを愛する者として断る理由はない、と思い快く引き受けました。実は俺もタイを旅行中に、自転車に乗りながら16mmのカメラを運んでいたら、ガタガタの悪路の為にレンズのマウントアダプターが壊れたこともあったなと思い出したり。だからスティーブとは「タイは映像作家にとってはデンジャラスな国だな!」との見解で一致して意気投合したのでした。それが2、3年前の話だったかな。

スティーブがNYで主催するイベント"MONO NO AWARE"は昨年末、彼が帰国してすぐ開催され2日で300人以上も観客が来たそうです。すごいな。
http://mononoawarefilm.com/event/mna-2013/
mnono.jpg


Profile

Author:Shinkan Tamaki
filmmaker in Japan

Link
このブログをリンクに追加する
Latest article
Category
All articles

全ての記事を表示する

Keywords
Translation
RSS Link